ぶなの木工房について

ぶなの木工房とは…

主にこころの病気をもっている方々が通所している施設です。 居場所として利用したり、生活リズムを整えたり、
人との関わり方を練習したり、一般企業で働けるようになりたい等、いろいろな目的を持った方が利用しています。


施設概要

施設名称 就労継続支援B型事業所ぶなの木工房
所在地(電話・FAX番号) 愛知県安城市新田町小山西60番地1 安城第19東海ビル2階 (0566-72-4347・0566-91-1217)
管理者 本康淳子
利用者定員 20名
主たる利用者 サービスの専門性を確保するため、精神障害者を主たる利用者とします


利用できる日・時間

月曜日から金曜日の9:30~16:00
 ※休日:土・日・祝日、夏季・年末年始休暇
 ※バザー等のイベント時に、休日がふりかえとなる場合があります。

タイムスケジュール
9:30~9:45 朝のミーティング
9:45~10:45 作業(1)
10:45~11:00 <休憩>
11:00~12:00 作業(2)
12:00~13:00 <昼休憩> ※ラジオ体操
13:00~14:00 作業(3)
14:00~14:15 <休憩>
14:15~15:05 作業(4)
15:05~15:15 片付け・清掃
15:15~15:30 帰りのミーティング


サービス内容

作業 <施設内作業>

(1)内職作業
  幼児雑誌の付録の袋詰め、レンタル電話機の清掃、チラシの袋詰め、ポスティング、DVDケースの清掃、その他

(2)自主製品製作
  シューズキーパー、カーコロン、マスク、アームバンド、ミサンガ、アクリルたわし、竹炭等

(3)畑作業
  ローゼル・無農薬野菜の栽培、収穫

(4)バザー販売
  地域のお祭りなどで自主製品等の販売

(5)「ぶないち」での直売
  低農薬野菜・市場野菜の規格外品等の仕入れ、ピッキング・施設前での販売等

(6)幸運のおみくじシール販売
  おみくじの手書き・封入・配送等

(7)施設外での作業
  部品の物流会社での作業、草刈り等の作業

レクリエーションや就労に関する講座など
毎週水曜日の午後は作業をせず、フリースペースとして様々な企画を実施しています。  
  ★音楽療法・カラオケ・バーベキュー・身だしなみ講座等々


利用できる方・定員

・原則として障害者手帳をお持ちの方
  ※自立支援医療対象者や、医師の意見書で特定の持病があることが確認できる方も対象となります。


利用料

・利用料は、厚生労働大臣の定める額の1割となります。
 (所得により減免される制度があります)

・レクリエーション参加時には、別途実費をいただくことがあります。


工賃の支払いについて

・施設内作業(バザー含)の工賃は150円/時です。
・施設外での作業については、作業の内容等に応じて設定します。
 ※体験利用中は対象となりませんので、ご了承ください。


利用するには・・・

通所までの手順